読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラー心理学。勉強してみました。

 

こんにちは!

すずめともぐらのすずめです。

今日もブログ楽しんでいきましょう😀

 

突然ですが。アルフレッド・アドラーという人物をご存知ですか?

おそらく知っていると言う方が多いのではないでしょうか。

 

最近では「アドラー心理学」の書籍をよく目にしますし、木曜日の夜10時から放送されている「嫌われる勇気」という香里奈さん、NEWSの加藤さん出演のドラマもこのアドラーの思想に則ったものです。

 

そこで最近話題のアドラー心理学を勉強してみました!

まだまだ深く理解できたわけではありませんが…

 

 

今日は

1、アルフレッド・アドラーとはどんな人物か?

2、アドラー心理学における考え方

について紹介してみたいと思います!

 

アドラー心理学とはアルフレッド・アドラーの人生といっていいほど壮大な思想なため、一回では書ききれません…

興味のある方は今後も更新して行くので、逐一読んでいただけると嬉しいです。

そして、質問や意見などをかわしてより深めていけたらいいなと思っていますので、コメントも是非是非よろしくお願いします🙂

 

 

それでは

まずは、1アルフレッド・アドラーについて

 

アドラーオーストリア出身の精神科医、心理学者です。

ジークムント・フロイトカール・グスタフユングと並ぶ三大巨頭の1人です。

初めはフロイトと共同研究を行なっていたのですが、20世紀の前半に決別し、フロイトの思想とは相容れない個人心理学、いわゆるアドラー心理学を展開しました。

 

ちなみにアドラー心理学とは言うものの、現代世間一般に広がる、いわゆる心理学とは異なり、ギリシア哲学に近い思想だと言われています。

 

2、根幹の考え方

まず、前提としてアドラー

①世界はどこまでもシンプル

であり

②人は誰しもが変わることができ、幸せになることができる

と唱えています。これは前提であり、アドラー心理学を突き詰めて得られた結論とも言えるでしょう。

そして、この二つの考えを導くための根幹的な考え方は

目的論、課題の分離、共同体感覚

が挙げられます。これは大きなくくりであってさらにこの中にもいくつかの項目があります。

 

 

簡単に説明すると…

目的論とは、

「○○だから○○する」という原因論の真逆の考え方で、

「○○するのは、○○のため」というように何か目的があって、それを達成するために行動する。というものです。

 

課題の分離とは、

例えば、友人に「勉強を教えてくれ!」と頼まれた時、勉強をするのは友人の課題であるというように明確に分け、他者の課題に、自分は介入しない

という考え方です。

 

そして、共同体感覚とは

人は誰しもが同じ共同体の中で生きており、世の中にはびこる問題は全て、対人関係に基づくものだという考え方です。

 

今日は導入レベルのお話しかできませんでしたので、不明点多いと思います。ごめんなさい😞😞

 

次回はこの中のうちの一つ、目的論について書いてみたいと思います。興味のある方は是非読んでみてください!

 

それでは、良い1日を良い1日を😗

 

モグラ、恩田陸を語る

こんにちは(^^)

スズメとモグラの、モグラです。

 

最近、恩田陸さんの作品を読んでいます。今年直木賞を受賞してホットな作家さん!ですね。

私の出会いは浪人していて頭がおかしくなっていた一昨年の夏なのですが、ハマっていると言ってもまだ『常野物語』シリーズと、代表作『夜のピクニック』、『蛇行する川のほとり』、『猫と針』の6冊しか読了していません。断っておきますがあくまでニワカです。

 

浪人生的になにか少しでも罪悪感の少ない息抜きを探した結果、本屋に辿り着き、フィーリングで手に取ったのが『常野物語』シリーズの『蒲公英草紙』でした。

 

そんな情緒不安定な時期に出会った訳ですが、これがもうグイグイと心に刺さり吸い込まれていきました。

恩田陸さんのエッセンスは、独特の不安感と幻想的で絵に描いたような世界観にあると思っています。読んでいてうっとりしつつも何か重たくのしかかってる感じが何とも言えず、読み終わって気がつくともう日が落ちて部屋が暗くなっていたり。

 

モグラは、高校を卒業し、大学生になり、バイトを始めお酒を飲むようになり、だんだん汚い大人の世界に触れるようになってくると、中高時代に持っていた純粋でまっすぐな心をだんだん忘れていくように感じていたのですが、恩田さんの小説はそんな大事なものを思い出させてくれます。

 

青春小説として有名なのは『夜のピクニック』ですが、中高生の頃の多感で繊細な心の動きを呼び起こしてくれたのはむしろこの『蒲公英草紙』や『蛇行する川のほとりに』だったように思います。

 

各作品についての詳しい感想はまたの機会に書こうと思いますが、どの本読もうかと悩んでいる方、そんなわけで恩田陸さん、おすすめです。

 

牛カツ もと村

 

こんにちは。

初めましてから結構時間が経ってしまって…

申し訳ありません😥

すずめともぐらのすずめです!

今日もブログ楽しんで行きましょう

 

Twitterとの連携しました!

フォローお願いします☺️

 

初めてのちゃんとした話題…

何にしようかな?何について書けばいいかな?って悩んだ挙句

今回は…

 

 

グルメにしました!!!

グルメといっても、自己紹介でも書いた通り、僕たちまだ大学生なので

高級レストランとかは滅多に行きません…

かかったとしてもランチで2千5百円、ディナーで5千円くらいです…

 

 

今回、紹介するお店は

 

牛カツ もと村さんです🐄🐄

 

こちら、渋谷、新橋、新宿、東京、難波に展開しています。

主要都市ばかりなので、行きやすいですね✨

 

僕は大学が終わってから、ランチ少し遅めの時間に渋谷の店舗に初来店して見ました!

 

が…

 

お店は長蛇の列…外国人の方、近くの大学(おそらく青学)の生徒の方が多く並んでいました。

 

渋谷には道玄坂の方にもう一つ店舗があるみたいなので、そちらへ移動。

こちらまぁ待っても30分くらいかな?という列

 

待つことは別に苦ではなかったので、待つことに。

 

20〜30分くらいして、ようやく呼ばれました!

 

店内にはカウンター席のみの10席程度。

牛カツの美味しそうな匂いが漂っていました。

 

僕が注文したのは、牛カツ2枚のとろろなし

2,600えんくらいだったかな?

 

結構豪華なランチを1人で楽しみました。

 

 

牛カツ

レアな揚げ加減で

卓上にある鉄板で好きなだけ火を通すというスタイル

 

まずは、焼かずに一口

肉の繊維まで柔らかく、旨味がしっかりとつまっていました。

 

次は表面だけに焼き色をつけて…

少し火を通した方が柔らかく感じました!

衣のサクサク感と肉自体の柔らかさがマッチしてて最高でした🍴

 

山葵醬油で食べるもよし

特製の山山葵ソースで食べるもよし

岩塩で食べるもよし

 

並んだ甲斐のある料理でした!

 

それ以降、大学の友達と1回

もぐらと1回

計3回食べに行かせてもらってます!

結構なハマり具合…笑

 

 

みなさんも、ぜひ、一度は来店して見てはいかがでしょうか?

ちなみに渋谷の店舗に行くならば、恵比寿寄りの本店よりも、道玄坂の方をおすすめします!

 

 

以上、今日のすずめでした!

良い明日をお迎えください、それでは

 

 

モグラ

初めまして!

スズメとモグラの、モグラの方です。

相方のスズメと一緒にブログを書いていくことになりました^^

 

モグラは東京都在住の二十歳♀です。

文章を書くことが好きで、比較的長めの文章で発信していくことへの単純な好奇心からブログを始めてみました!

どんなブログにしていくかはまだ定まっていませんが、とりあえず大学や大学受験の勉強のこと、旅行やカメラ、グルメ、読書などの趣味のことなんかをボチボチ書いていきつつ、ゆくゆくは副収入的な方面も挑戦してみたいと思っています^^

超初心者ですがいろんなブログを読んで研究していこうと思います。楽しみです。

どうそよろしくお願いします!

初めまして。

 

初めまして。

すずめともぐらのすずめです。

今日からブログ頑張っていきましょう。

 

こんにちは!

今日は初めてということで今日は自己紹介をしたいと思います。

 

このブログは僕、すずめともう一人、もぐらの二人で更新していきたいと思います。

 

すずめの自己紹介

年齢:20歳

性別:男

職業:大学生

学校:慶応義塾大学経済学部

趣味:おいしいものを食べること、読書、音楽聞くこと、行ったことのないところに行くこと

 

なんでブログを書き始めようと思ったか

→ 僕自身、おいしいお店を探したり、面白そうな本や映画を探すとき、着たことのないブランドの服を調べたりするときに他の方が書かれたブログを読んだりします。

そうやって、誰かが今まで知らなかったものごとを、しかも自分のおすすめのものごとをその人に伝えられたらいいかなって思ったから始めようと思いました。

楽しんでくれたり、ためになったら嬉しいです。

 

どんなブログにしていくか

→ 自分が行って気に入ったお店や読んで観て面白かった本や映画、自分の好きなアーティストの紹介などをメインにしていきたいと思います。

あと、日常のなんてことない一コマも共有できるようになれたらいいですね。

 

大学生という身分もあり毎日更新していくというのは難しいかと思いますが、できるだけ挙げていこうと思いますので、よろしくお願いします!

 

すずめでした。