読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短期留学するなら留学情報館がおすすめ

どうも、モグラです。

3月も半ば、4月からは新しい年度が始まりますね。
実は私は5年前の夏に短期留学をしました。留学にはなんとなく憧れていて、具体的に考え始めたのがちょうどこの時期でした。ということで今回、経験をもとに短期留学についてあれやこれや書いていきたいと思います。検討されている方の参考になればと思います。

 

  • エージェント選び

タイトルの通り留学情報館というエージェントを利用しました。大抵の留学エージェントは手数料だけで5-10万ほどかかると思うのですが、その手数料が無料というので魅力的。一方ではじめはちゃんとしたところなのか不安でもありましたが、実際にカウンセリングを予約して行ってみると丁寧なスタッフの方に対応していただき好印象でした。
なによりも一番よかったことは、日本人の少ない語学学校を紹介してもらえたことです。少ないというか、留学期間中私1人だけでした笑。ドイツ、フランス、スペイン、ウクライナあたりのヨーロッパからの留学生が多く、英語を使うことを強いられる環境に身を置くことができました。語学留学に行く目的ってそもそもそこだと思うのですが、留学先で日本人同士で固まってしまうことって私の見聞きする限り少なくないですし、これは大手のエージェントでは叶わないことでした。不安はもちろんありましたがおかげで英語力はかなり伸びたと思います。あまり語学試験などは受けていなかったのでどれだけスコアが伸びたとかは言えませんが高1の夏に行って帰った時には英検2級は余裕でしたね。
一点だけ、紹介してもらった語学学校に日本人のスタッフがいるということを聞いていたのですが、実際に行ってみた時には夏休みだったからかいらっしゃらず、戸惑ったということはありましたが、無料のエージェントだからといって特に大きな問題はありませんでした。私にとってはメリットの方が大きかったです。

 

  • 授業は最低限でいい

行く国を決めて、語学学校を決めたら、取るコースを決めますね。私が行った学校は、IntensiveとSemi-intensiveの2種類で、前者は授業が3コマ程度、毎日午後3時ごろまでやっていましたが、私は授業が2コマで午前で完結する後者で十分だったと思います。英語を学びに行くのだから授業は多く受けた方がいい、と考えてしまうかもしれませんが、授業ってかえって発言の機会が少なかったりもします。レベル別にクラスは設置されますが、その中でも話すのに自信がある生徒が授業の中心になっていきます。日本人でスピーキングに自信がある人は少ないと思うので、授業で縮こまっているよりかは、午後は友達と遊びに行ったり、アクティビティに参加したほうが気軽に自分の英語を試せますし、滞在する街の雰囲気を楽しむ時間も増えます。

 

  • ホームステイか寮か

どちらかというと私はホームステイがおすすめです。短期の語学留学というと、現地の語学学校に行ってその国の言葉を勉強することになりますが、少し残念なのが現地の人と交流する機会が少ないことです。私はイギリスに行きましたが、もちろん語学学校の生徒にイギリス人はいません。ホストファミリーはイギリス人と交流する貴重な機会で、イギリスの文化にも直接触れられることは大きな魅力でした。
ただしホームステイには当たり外れが多いのも事実。受け入れ先のファミリーも多種多様ですので、同じお金を払っていても大きな家に当たるか小さな家に当たるか、食事や人との相性も読めません。寮にすれば同じ留学生同士で一緒に過ごす時間も増えるというメリットもありますし、自分に合うほうがどちらか考えてみてください。

 

f:id:suzumetomoguta:20170313231606j:plain

自分が留学に行った時に悩んだポイントをピックアップしてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。写真はイギリスに行った時のものです。せっかく留学に行くのだったら素敵な経験にしたいですよね。参考になれば幸いです(^-^)